コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田宅子 おだ いえこ

2件 の用語解説(小田宅子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田宅子 おだ-いえこ

1789-1870 江戸時代後期の歌人。
寛政元年生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)の人。伊藤常足(つねたる)にまなぶ。天保(てんぽう)12年に友人らと下関,瀬戸内,京坂,伊勢(いせ),日光,江戸を半年かけて見物,「東路(あずまじ)日記」をあらわした。明治3年2月29日死去。82歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小田宅子

没年:明治3.2.29(1870.3.30)
生年:寛政1(1789)
江戸後期の歌人。筑前国遠賀郡底井野(福岡県中間市)の商家小松屋の娘。伊藤常足に和歌を学び,歌仲間阿部峯子の『伊勢詣日記』に刺激され,天保12(1841)年,友人らと5カ月かけて京坂,伊勢,日光,江戸を見物してまわり,10年後に『東路日記』を著した。<参考文献>前田淑「近世における筑前から日光への女旅」(『交通史研究』第27号)

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

小田宅子の関連キーワード曲芸製糸業日本科学史フランス文学史北風六右衛門鳥文斎栄之振鷺亭細田栄之峰崎勾当寛政

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone