コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田宅子 おだ いえこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田宅子 おだ-いえこ

1789-1870 江戸時代後期の歌人。
寛政元年生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)の人。伊藤常足(つねたる)にまなぶ。天保(てんぽう)12年に友人らと下関,瀬戸内,京坂,伊勢(いせ),日光,江戸を半年かけて見物,「東路(あずまじ)日記」をあらわした。明治3年2月29日死去。82歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小田宅子

没年:明治3.2.29(1870.3.30)
生年:寛政1(1789)
江戸後期の歌人。筑前国遠賀郡底井野(福岡県中間市)の商家小松屋の娘。伊藤常足に和歌を学び,歌仲間阿部峯子の『伊勢詣日記』に刺激され,天保12(1841)年,友人らと5カ月かけて京坂,伊勢,日光,江戸を見物してまわり,10年後に『東路日記』を著した。<参考文献>前田淑「近世における筑前から日光への女旅」(『交通史研究』第27号)

(柴桂子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

小田宅子の関連キーワード田辺聖子

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android