コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田岳夫 オダタケオ

2件 の用語解説(小田岳夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おだ‐たけお〔をだたけを〕【小田岳夫】

[1900~1979]小説家。新潟の生まれ。本名、武夫。外務省書記として中国杭州に赴任。「城外」で芥川賞受賞。他に「魯迅(ろじん)伝」「紫禁城の人」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田岳夫 おだ-たけお

1900-1979 昭和時代の小説家。
明治33年7月5日生まれ。外務省にはいり,中国杭州領事館に赴任するが,文学をこころざして退職。中国を舞台にした「城外」で昭和11年芥川賞。50年「郁達夫(いくたつぷ)伝」で平林たい子文学賞。昭和54年6月2日死去。78歳。新潟県出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。本名は武夫。著作はほかに「魯迅(ろじん)伝」「文学青春群像」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小田岳夫の関連キーワード松原のぶえ白都真理長谷川真弓不条理日記赤い鳥SF映画日雇労働者アンダーソンアンベールウォルシュ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone