コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田岳夫 オダタケオ

2件 の用語解説(小田岳夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おだ‐たけお〔をだたけを〕【小田岳夫】

[1900~1979]小説家。新潟の生まれ。本名、武夫。外務省書記として中国杭州に赴任。「城外」で芥川賞受賞。他に「魯迅(ろじん)伝」「紫禁城の人」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田岳夫 おだ-たけお

1900-1979 昭和時代の小説家。
明治33年7月5日生まれ。外務省にはいり,中国杭州領事館に赴任するが,文学をこころざして退職。中国を舞台にした「城外」で昭和11年芥川賞。50年「郁達夫(いくたつぷ)伝」で平林たい子文学賞。昭和54年6月2日死去。78歳。新潟県出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。本名は武夫。著作はほかに「魯迅(ろじん)伝」「文学青春群像」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小田岳夫の関連キーワード桜田常久橘外男衣巻省三榊山潤寺崎浩納言恭平野沢純美川きよ三田華子横山美智子

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone