コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小石原 こいしわら

3件 の用語解説(小石原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小石原
こいしわら

福岡県中東部,東峰村北西部の旧村域。英彦山地南西部に位置する。 1889年村制。 2005年宝珠山村と合体し東峰村となる。米作と抑制トマトをはじめとする野菜栽培,および林業が主産業。東部の皿山では 17世紀からの伝統をもつ小石原焼を産し,1960年頃から民芸ブームで発展,民芸館,新窯などができた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小石原
こいしわら

福岡県中南部、朝倉(あさくら)郡にあった旧村名(小石原村(むら))。現在は東峰(とうほう)村の西部を占める。旧小石原村は2005年(平成17)宝珠山(ほうしゅやま)村と合併し東峰村となった。旧小石原村の東部は耶馬渓(やばけい)溶岩台地、西部は三郡(さんぐん)山地からなる山村で、中央部を南流する鼓(つづみ)川(大肥(おおひ)川)が小盆地を形成、国道211号、500号が通じる。近世には筑前(ちくぜん)・豊前(ぶぜん)国境の宿場町、英彦山権現(ひこさんごんげん)の第二門前町として栄えたが、現在は農林業の村で人口減少が続いている。高冷地を生かした野菜、果樹、花卉(かき)栽培が行われている。皿山(さらやま)周辺は小石原焼の産地で、約50軒の窯元と小石原焼伝統産業会館がある。[石黒正紀]
『『小石原村誌』(2001・小石原村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小石原の関連キーワード福岡県朝倉郡福岡県朝倉郡東峰村小石原福岡県朝倉郡東峰村小石原鼓福岡県糟屋郡須惠町福岡県田川郡添田町福岡県朝倉郡東峰村福岡県田川郡添田町英彦山福岡県朝倉郡東峰村福井福岡県朝倉郡東峰村宝珠山宝珠山〈村〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小石原の関連情報