コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝珠山 ほうしゅやま

2件 の用語解説(宝珠山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宝珠山
ほうしゅやま

福岡県中東部,東峰村南東部の旧村域。英彦山地南西部に位置する。 1889年村制。 2005年小石原村と合体し東峰村となる。大部分が山地で主産業は林業。クリ,シイタケを産する。炭鉱跡に宝珠焼窯元がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宝珠山
ほうしゅやま

福岡県の中東端、朝倉(あさくら)郡にあった旧村名(宝珠山村(むら))。現在は東峰(とうほう)村の東部を占める。旧宝珠山村は、2005年(平成17)小石原(こいしわら)村と合併し東峰村となった。旧宝珠山村域は大分県境をなす耶馬渓(やばけい)溶岩台地西端の山地が大半を占める。JR日田彦山(ひたひこさん)線と国道211号が南北に通じる。明治中期以降、朝倉炭田の炭鉱が開発されたが、1963年(昭和38)閉山、跡地に宝珠焼の窯が設けられた。農林業が主産業で木材、シイタケ、クリなどを産するが、過疎化が著しい。北部の岩屋(いわや)公園一帯は耶馬日田英彦山(ひこさん)国定公園に含まれる。岩屋公園の中心となる岩屋神社の本殿は国の重要文化財。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝珠山の関連キーワード豊前福岡県朝倉郡福岡県朝倉郡東峰村小石原小石原〈村〉福岡県朝倉郡東峰村小石原鼓福岡県田川郡添田町福岡県朝倉郡東峰村福岡県朝倉郡東峰村福井福岡県朝倉郡東峰村宝珠山宝珠山〈村〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宝珠山の関連情報