コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原光康 おがさわら みつやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原光康 おがさわら-みつやす

1415-1461 室町時代の武将。
応永22年生まれ。小笠原政康の3男。信濃(しなの)伊那松尾(長野県飯田市)に勢力をはる。文安3年兄宗康が従兄弟の小笠原持長に討たれるが,幕府から遺領と信濃守護職(しき)を安堵(あんど)される。幕府両管領(かんれい)家の対立のなか細川家を支持し,畠山家にしたがう持長との抗争をつづけた。寛正(かんしょう)2年11月死去。47歳。通称は伊奈六郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小笠原光康の関連キーワードシャルルエドワード[4世]ヘンリー[6世]ヨーク朝シャルルデジデリオ・ダ・セッティニャーノトラペズス帝国フロマンヨーク朝ランカスター朝

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android