コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原持長(1) おがさわら もちなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原持長(1) おがさわら-もちなが

1384-1458 室町時代の武将,有職(ゆうそく)家。
至徳元=元中元年生まれ。小笠原満長(みつなが)の子。6代将軍足利義教(よしのり)の近習。小笠原流弓馬故実の基礎をつくった。歌人でもあり,清巌正徹(せいがん-しょうてつ)や心敬と親交があった。長禄(ちょうろく)2年死去。75歳。法名は浄元。著作に「騎射秘抄」「笠懸日記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小笠原持長(1)の関連キーワード室町時代有職至徳

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android