コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿麻和利 あまわり

3件 の用語解説(阿麻和利の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿麻和利 あまわり

?-1458 琉球の武将。
つかえていた勝連城主の茂知附(もちづき)按司(あじ)を殺し,みずから城主となり,琉球王尚泰久の娘婿となる。奄美(あまみ)諸島や日本との交易で莫大(ばくだい)な富をきずき,尚泰久王5年王位をねらい乱をおこすが敗死した。幼名は加那。阿摩和利ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

阿麻和利

没年:尚泰久5(1458)
生年:生年不詳
中世琉球の有力な按司(豪族)。沖縄本島中部の勝連地方を擁して強大となり,尚泰久5(1458)年,王権の簒奪を狙って首里城を攻めたが撃退され,敗死した。近世の演劇では逆臣として描かれるなど悪玉イメージが強いが,拠点であった勝連城の発掘によって一時代を築いた英雄であることが分かった。阿麻和利のような有力按司の勢力を排して,琉球の王権はしだいに強化された。<参考文献>高良倉吉『新版・琉球の時代』

(高良倉吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿麻和利
あまわり
(?―1458)

中世沖縄の有力按司(あんじ)。史書は百姓の出であると伝えるが経歴は不明の部分が多い。勝連(かつれん)按司として勝連一帯に強大な勢力を築き、中城(なかぐすく)按司護佐丸(ごさまる)と争ってこれを倒し、ついで首里(しゅり)の国王尚泰久(しょうたいきゅう)の王位をねらったが敗北して滅んだと伝えられる(1458)。近世期の正史は彼を悪臣、逆臣として描いているが、中世の「オモロ」は徳の高い畏敬(いけい)すべき存在として謡っている。彼の居城であった勝連城跡の発掘調査の結果、中国をはじめとする外国産の珍品が出土しており、往時の繁栄の一端が明らかにされた。阿麻和利の行動は、沖縄における王国形成の展開に現れた有力按司と王権との最後の摩擦として位置づけられている。[高良倉吉]
『高良倉吉著『琉球の時代』(1980・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の阿麻和利の言及

【中城[村]】より

…海岸沿いの肥沃な沖積低地と背後の丘陵地からなる。第一尚氏王統の尚泰久時代(1454‐60)に忠臣護佐丸が与勝(よかつ)半島の勝連(かつれん)城に拠る阿麻和利への抑えとして配され,北部台地上に中城城を築城ないし増築した。だが阿麻和利は逆に讒訴(ざんそ)して討手となり中城城を攻撃,護佐丸は一矢も報いず自刃した。…

※「阿麻和利」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿麻和利の関連キーワード按司尚氏沖縄本島万座毛谷茶前節名護勝連城跡よしや琉球王国護佐丸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿麻和利の関連情報