コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原真方 おがさわら さねかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原真方 おがさわら-さねかた

1652-1709 江戸時代前期-中期の大名。
慶安5年4月20日生まれ。小笠原忠真(ただざね)の4男。寛文(かんぶん)11年兄の豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)藩主小笠原忠雄(ただかつ)から築城(ついき)郡のうちの22ヵ村を分与され,小倉新田藩主小笠原家初代となる。1万石。貞享(じょうきょう)2年領地を上毛郡のうちの26ヵ村と交換された。宝永6年7月5日死去。58歳。初名は長高。通称は隼人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

小笠原真方 (おがさわらさねかた)

生年月日:1652年4月20日
江戸時代前期;中期の大名
1709年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

小笠原真方の関連キーワード小笠原貞通生年月日千束藩中期

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android