小義(読み)ショウギ

大辞林 第三版の解説

しょうぎ【小義】

すこしの道義。ちょっとした義理。 「 -に泥なずむは愚の極なり/当世書生気質 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐ぎ セウ‥【小義】

〘名〙
① (形動) すこしの義理。わずかの節義。また、わずかな義理を重んずるさま。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)「心が寛広になうて死だ。あまり小義な者と也」 〔史記‐伍子胥伝賛〕
② 聖徳太子が、推古一一年(六〇三)に制定し、朝廷での席次を示した冠位十二階のうちの一つ。十二階中の第一〇等。
※書紀(720)推古一一年一二月〈入〉「始めて冠位を行ふ。大〈平〉徳〈入〉、小徳、大仁〈去〉、小仁、大礼〈平〉、小礼、大信〈平〉、小信、大義〈上〉、小義、大智〈平〉、小智、并て十二階」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android