コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伍子胥 ゴシショ

3件 の用語解説(伍子胥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐ししょ【伍子胥】

[?~前485]中国、春秋時代楚(そ)の武人。名は員(うん)。父と兄が楚の平王に殺されたので、を助け、楚と戦い、あだを討った。のち、呉王夫差(ふさ)が越王勾践(こうせん)を破ったとき、その降伏を許そうとした夫差に反対して自殺。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごししょ【伍子胥 Wǔ Zǐ xū】

中国,春秋時代末の人。生没年不明。本名は呉員(ごうん)。楚国のお家騒動で父と兄とを楚の平王に殺されると,楚より出奔し,諸国をさまよったあと,呉に身を寄せた。呉王の闔閭(こうりよ)が父王を殺して即位するのに力をかして信任を受け,兵法家の孫武とともに呉の国力の充実につとめた。国力をのばした呉は,楚に侵攻し,楚都の郢(えい)を陥(おと)した。伍子胥は,すでに死んで葬られていた平王の墓をあばき,その尸(しかばね)を鞭(むち)打って父と兄の仇をうったとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごししょ【伍子胥】

?~前485) 中国、春秋時代の楚の人。名は員うん。父と兄が楚の平王に殺されたため呉に奔はしり、呉を助けて楚を破り、平王の墓をあばいてその屍しかばねに鞭むち打った。呉王夫差が越王勾践を会稽山に破ったとき、勾践を殺すよう勧めて退けられ、のち讒言ざんげんにより自殺。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伍子胥の関連キーワード猗頓穆公公冶長宰予叔梁紇冉伯牛冉雍閔子騫養由基老莱子

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伍子胥の関連情報