コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伍子胥 ゴシショ

3件 の用語解説(伍子胥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐ししょ【伍子胥】

[?~前485]中国、春秋時代楚(そ)の武人。名は員(うん)。父と兄が楚の平王に殺されたので、を助け、楚と戦い、あだを討った。のち、呉王夫差(ふさ)が越王勾践(こうせん)を破ったとき、その降伏を許そうとした夫差に反対して自殺。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごししょ【伍子胥 Wǔ Zǐ xū】

中国,春秋時代末の人。生没年不明。本名は呉員(ごうん)。楚国のお家騒動で父と兄とを楚の平王に殺されると,楚より出奔し,諸国をさまよったあと,呉に身を寄せた。呉王の闔閭(こうりよ)が父王を殺して即位するのに力をかして信任を受け,兵法家の孫武とともに呉の国力の充実につとめた。国力をのばした呉は,楚に侵攻し,楚都の郢(えい)を陥(おと)した。伍子胥は,すでに死んで葬られていた平王の墓をあばき,その尸(しかばね)を鞭(むち)打って父と兄の仇をうったとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごししょ【伍子胥】

?~前485) 中国、春秋時代の楚の人。名は員うん。父と兄が楚の平王に殺されたため呉に奔はしり、呉を助けて楚を破り、平王の墓をあばいてその屍しかばねに鞭むち打った。呉王夫差が越王勾践を会稽山に破ったとき、勾践を殺すよう勧めて退けられ、のち讒言ざんげんにより自殺。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

伍子胥の関連キーワードゲロン釈迦七類海岸弁済拉北者送還要求運動国民民主連盟NLDPepper高校生修学支援基金ノルウェー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伍子胥の関連情報