コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大信 たいしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大信
たいしん

福島県南部,白河市北部の旧村域。 1955年大屋村と信夫村が合体して成立。 2005年白河市,表郷村,村と合体して白河市となった。阿武隈川の支流隈戸川 (くまどがわ) 流域を占め,東半部は矢吹原の台地にある。米作のほか,トマト,キュウリ,インゲンなどの野菜類シイタケの栽培も盛んで,首都圏へも出荷される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大信
たいしん

福島県中通(なかどお)り地方南部、西白河(にししらかわ)郡にあった旧村名(大信村(むら))。現在は白河市の北部を占める地域。旧大信村は、1951年(昭和26)に岩瀬郡大屋村が西白河郡に編入し、1955年に信夫(しのぶ)村と合併して成立。2005年(平成17)表郷(おもてごう)、東(ひがし)の2村とともに白河市に合併。旧村域のほぼ中央をこの地域一帯を灌漑(かんがい)する羽鳥(はとり)用水の導水河川である隈戸(くまど)川が東流する。耕地の基盤整備も行われ、米作が主である。旧村域の東端には東北自動車道の矢吹(やぶき)インターチェンジがあり、その近くに工業団地がつくられている。茨城街道(国道294号)も通り、会津地方に通じる。樹齢1000年を超える巨木の「町屋の二本カヤ」は県の天然記念物。[渡辺四郎]
『『大信村史』(2001~2006・大信村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大信の関連キーワードスクオーラグランデディサンロッコスクオーラグランデデイカルミニ愛媛県宇和島市吉田町立間尻同棲時代―今日子と次郎―アプラスフィナンシャル大阪府八尾市本町日輝(にちき)大阪府八尾市祇園寺 きく福島県白河市東(福島県)北陸電話工事冠位十二階白河(市)森藤右衛門中山 義秀八尾(市)祇園寺きく迦籐たかしアロナール

大信の関連情報