コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野三千麿 オノミチマロ

デジタル大辞泉の解説

おの‐みちまろ〔をの‐〕【小野三千麿】

[1897~1956]野球選手・新聞記者。神奈川の生まれ。慶大で剛球投手として活躍後、慶応OBからなる三田倶楽部(クラブ)に入り、大正11年(1922)米国メジャーリーグ選抜から初の白星を挙げた。のち毎日新聞社に入社し、都市対抗野球の発展に尽力した。都市対抗野球ですばらしい活躍をした選手・チーム・監督に送られる「小野賞」にその名を残す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野三千麿 おの-みちまろ

1897-1956 大正-昭和時代の野球選手,新聞記者。
明治30年5月22日生まれ。慶大の速球投手として活躍。大正10年大阪毎日新聞社運動部記者となる。翌年来日の米大リーグ選抜に,三田倶楽部の投手として9対3で完投勝ち。昭和2年発足の全日本優勝野球大会(都市対抗野球大会)の育成に尽力し,その業績をたたえ小野賞がもうけられた。昭和31年2月2日死去。58歳。34年第1回の野球殿堂入り。神奈川県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小野三千麿の関連キーワード島田 善介昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android