コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野喬 おのたかし

2件 の用語解説(小野喬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小野喬
おのたかし

[生]1931.7.26. 秋田
体操選手。東京教育大学慶應義塾大学卒業。 1952年ヘルシンキ,1956年メルボルン,1960年ローマ,1964年東京と,4回連続オリンピック大会に出場。団体総合2回,鉄棒2回,跳馬1回優勝の計五つの金メダルを獲得した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野喬 おの-たかし

1931- 昭和後期-平成時代の体操選手,指導者。
昭和6年7月26日生まれ。妻は小野清子。昭和27年ヘルシンキ五輪から4回連続五輪出場。金5銀4銅4,計13個のメダルを獲得し,日本体操界の牽引車となる。31年メルボルン,35年ローマ五輪の鉄棒で連続金メダルを獲得し,「鬼に金棒,小野に鉄棒」といわれた。鹿屋(かのや)体育大教授などを歴任。秋田県出身。慶大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の小野喬の言及

【体操】より

…35年ブダペストで開かれた第6回国際学生競技大会で慶応義塾チームが2位となり,国際舞台で日本最初の入賞を記録した。オリンピック大会では,戦後初参加した52年のヘルシンキ大会で,上迫忠夫が種目別の床運動で2位,竹本正男が跳馬で2位,上迫と小野喬が3位となりはじめてメダルを獲得した。続く56年のメルボルン大会では,鉄棒で小野が初の金メダルを獲得した。…

※「小野喬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小野喬の関連キーワード遠藤幸雄塚原光男池田敬子池谷幸雄具志堅幸司監物永三塚脇伸作中山彰規早田卓次山下治広

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小野喬の関連情報