コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京教育大学 とうきょうきょういくだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京教育大学
とうきょうきょういくだいがく

国立大学前身は明治5 (1872) 年東京に創立された文部省直轄の師範学校。その後 1873年東京師範学校,86年高等師範学校と推移し,1902年東京高等師範学校となった。 29年東京文理科大学が設置され,49年これらの学校を母体として新制の大学を設置。文,教育,理,農,体育の各学部のほか 53年に大学院をおいた。本部東京都文京区大塚にあったが,73年筑波大学の成立に伴い,78年3月で閉学となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうきょう‐きょういくだいがく〔トウキヤウケウイクダイガク〕【東京教育大学】

東京都文京区に本部のあった国立大学。明治5年(1872)設立の師範学校が東京高等師範学校となり、東京文理科大学東京農業教育専門学校東京体育専門学校を統合して、昭和24年(1949)新制大学として発足。昭和53年(1978)廃校。新たに筑波大学が設置された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

東京教育大学【とうきょうきょういくだいがく】

1974年に開校した筑波大学の前身。東京都文京区に本部を置いた旧国立大学。日本最初の師範学校を母体とする。1872年創立の師範学校は(1873年東京師範学校と改称),小学校教員養成の中枢となり,ついで中等学校の教員養成に着手,1902年東京高等師範学校と改称した。
→関連項目西山松之助付属学校

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうきょうきょういくだいがく【東京教育大学】

日本最初の師範学校を母体に1949年新制国立大学として東京都文京区大塚に発足したが,73年の筑波大学の創設にともない,78年に廃校となった。1872年(明治5)東京湯島昌平黌に師範学校として開校(後に大塚に移転),英米の教授法を導入して小学校教員の模範的養成にあたった。73年小学校教授法の経験練習の施設として付属小学校を設置し,東京師範学校と改称した。次いで75年中学師範学科を創設し,中等学校教員養成に着手,86年師範学校令により,修業年限3年の中等学校教員養成機関として確立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京教育大学
とうきょうきょういくだいがく

1949年(昭和24)設立の国立大学。現、筑波(つくば)大学。起源は1872年(明治5)に設立された日本最初の師範学校(東京師範学校)で、師範学校令が制定されたのち1886年東京高等師範学校となり、旧制度での中等教育教員養成の主流となった。さらに1929年(昭和4)東京高等師範学校の専攻科を母体に東京文理科大学が創設された。1949年上記の東京高師、東京文理大に東京農業教育専門学校、東京体育専門学校を統合して、5学部(文学、教育学、理学、農学、体育学)からなる新制大学となった。大学院のほか光学研究所、外国語教育研究施設、リハビリテーション教育研究施設、菅平(すがだいら)高原生物実験所、木材糖化研究施設、スポーツ研究施設、附属学校6校などを擁していた。筑波大学の創設に伴い、1978年閉学となる。[馬越 徹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の東京教育大学の言及

【筑波大学】より

…茨城県新治郡の筑波研究学園都市にある国立総合大学。1960年代前半からの東京教育大学(1978閉学)の移転問題に発し,推進派と反対派の学内外の長期の抗争・対立を経て,73年学校教育法,国立学校設置法などを改定して設置された。開かれた新構想の大学をめざし,副学長制や参与会制度の導入による管理運営機構の中枢化,学部を置かず学群・学系制度による教育と研究の組織的分離などを実現したが,それは同時に大学の理念や制度改革をめぐる厳しい対決点をもはらんでいた。…

※「東京教育大学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東京教育大学の関連キーワード野口 源三郎朝永 振一郎福原 麟太郎沢柳 大五郎佐藤 保太郎和歌森 太郎岩原 信九郎竹之下 休蔵小保内 虎夫下村 寅太郎金子 孫市松原 郁二大井 清吉穐山 貞登友枝 高彦阿部 又三青野 寿郎安藤 堯雄大江志乃夫教科書裁判

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京教育大学の関連情報