小野紹廉(読み)おの しょうれん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野紹廉 おの-しょうれん

1676-1761 江戸時代前期-中期の俳人。
延宝4年生まれ。江戸の人。元禄(げんろく)10年水間沾徳(せんとく)に入門。出家して享保(きょうほう)のはじめごろから大坂にすみ,名をあげた。門人鹿島白羽らがいる。茶道,香道にも造詣がふかかった。宝暦11年10月14日死去。86歳。別号に銀竹堂,一炊庵。編著に「筆華領」「うたゝ音」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android