小院(読み)こいん

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐いん ‥ヰン【小院】

〘名〙 (「こ」は接頭語。「院」は僧侶の意) 年少の僧侶。年の若い僧。小法師。また、僧侶の名に付けて親しみをこめていう。こい。
※栄花(1028‐92頃)鶴の林「九体の中台の御左の方の脇よりいとうつくしきこゐんの出で来て」

しょう‐いん セウヰン【小院】

〘名〙
① 帝の寵愛を受けた女性の居所。後宮の人々の居所。
※三代実録‐貞観五年(863)正月三日「始太上天皇遷御嵯峨院之時、為築別宮、令居処、号曰小院、太上天皇所居為大院、尚侍所居、為其次故也」
② 小さい庭。
※中華若木詩抄(1520頃)上「一二の句、小院のすずしきこそ道理なれ」 〔杜牧‐即事〕
③ 小さい寺。
※正法眼蔵(1231‐53)行持「この天童山は、もとは小院なり。覚和尚の住裡に、道士観・尼寺・教院等を掃除して、いまの景徳寺となせり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小院の関連情報