コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天童山 てんどうざん Tian-tong-shan

3件 の用語解説(天童山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天童山
てんどうざん
Tian-tong-shan

中国,浙江省寧波市にある山の名。義興はここに永康1 (300) 年天童寺を開き,中国五山の一つに数えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天童山【てんどうさん】

中国,浙江省東部にある太白山中の一峰。300年に義興が天童寺を開創したと伝える。唐代に法【えい】(ほうえい)が太白精舎を造立,757年に現地に移建,禅宗道場として名僧が集まった。
→関連項目寧波黙庵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天童山
てんどうさん / ティエントンシャン

中国、浙江(せっこう)省寧波(ニンポー)(ぎん)県の東方にある山。太白山(たいはくさん)ともいう。太白山の名は、晋(しん)の義興(ぎこう)がこの地に住したとき、太白星(金星)が現れて童子となり、薪水を供したことにちなむとされる。また唐の法(ほうせん)禅師がここで『法華経(ほけきょう)』を誦(じゅ)したおり、太白星がふたたび童子となって現れ進供したことにより天童山とよばれるようになったという。山中には天童山景徳(けいとく)禅寺(別称、太白山天童景徳寺)があり、304年義興の開創と伝える。唐の732年法が乳峰下の東澗(とうかん)(古天童といわれる)に太白精舎(しょうじゃ)を造したが山崩れにあい、757年義興の旧庵地に住した。759年には天童玲瓏(れいろう)寺、869年には天寿(てんじゅ)寺、宋(そう)の1007年には景徳寺の各勅額を下賜された。また1129年には宏智正覚(わんししょうがく)(天童正覚)が16世住持となって禅風を挙揚して、五山の一に数えられた。その後、禅宗道場として虚菴懐敞(きあんえしょう)、長翁如浄(ちょうおうにょじょう)(天童如浄)らが住したが、その時期にわが国の栄西(えいさい)、道元(どうげん)が入山して受法、またのちに寒巌義尹(かんがんぎいん)や徹通義介(てっつうぎかい)も入寺して嗣法(しほう)したことは有名である。元の1301年には千仏閣が増築され、元宝閣の額が下賜された。さらに明(みん)の1392年には寺号をふたたび天童寺と改め、禅宗五山の第三位に列せられ、清(しん)の1659年には弘法の寺号を賜り、天童弘法寺と称した。天王殿、仏殿、法堂など20余棟の堂宇や七層楼などがあり、南方の四明第一の名山名刹(めいさつ)と称される。[里道徳雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天童山の関連キーワード浙江省天台山阿育王山浙江臨海開灤天童寺宮城県仙台市太白区茂庭太白山(中国)太白山(朝鮮)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天童山の関連情報