小高根二郎(読み)おだかね じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小高根二郎 おだかね-じろう

1911-1990 昭和時代の詩人,評伝作家。
明治44年3月10日生まれ。保田与重郎らの「コギト」同人となり,昭和16年詩集「はぐれたる春の日の歌」を刊行。31年「果樹園」を創刊,主宰し,伊東静雄をえがく「詩人,その生涯と運命」,ついで「蓮田善明とその死」「棟方志功」などの評伝を連載した。平成2年4月14日死去。79歳。東京出身。東北帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android