コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尼子国久 あまこ くにひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尼子国久 あまこ-くにひさ

1492-1554 戦国時代の武将。
明応元年生まれ。尼子経久(つねひさ)の次男。屋敷が出雲(いずも)(島根県)新宮谷にあり,一族の新宮党をひきいて甥(おい)の尼子晴久をたすけ,武田常信を伯耆(ほうき)(鳥取県)にやぶる。天文(てんぶん)16年ごろより晴久と対立,毛利元就(もとなり)に通じていると中傷され,子誠久(まさひさ)とともに23年11月1日殺された。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android