コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尼将軍 アマショウグン

デジタル大辞泉の解説

あま‐しょうぐん〔‐シヤウグン〕【尼将軍】

源頼朝の妻政子の異称。夫の死後、尼の身で幕政を動かしたことからいう。→北条政子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

尼将軍【あましょうぐん】

北条政子(ほうじょうまさこ)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あましょうぐん【尼将軍】

北条政子の異名。夫、源頼朝の死後、尼となって、幕政に参与したことからの名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尼将軍
あましょうぐん

北条政子」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尼将軍
あましょうぐん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の尼将軍の言及

【北条政子】より

…翌19年(承久1)実朝が頼家の遺子公暁(くぎよう)に殺されると,幕府はさきの内約に基づき,後鳥羽上皇の皇子を鎌倉に迎えることを望んだが,上皇はこれを許さず,そのかわりに摂関家から,頼朝の遠縁にあたる藤原頼経が鎌倉に下ることになった。しかし頼経は当時2歳であり,実質上の将軍(鎌倉殿)は政子であって,俗に〈尼将軍〉と呼ばれた。21年後鳥羽上皇が討幕の兵を挙げ,承久の乱が起こると,政子は御家人たちに幕府の恩を説いて奮起を促し,都に攻め上らせ,勝利を収めた。…

※「尼将軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尼将軍の関連キーワード北条義時鎌倉時代抜かる異名

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android