コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条九代記 ホウジョウクダイキ

デジタル大辞泉の解説

ほうじょうくだいき〔ホウデウクダイキ〕【北条九代記】

鎌倉末期の歴史書。2巻。著者未詳。寿永2~元弘2=正慶元年(1183~1332)の鎌倉幕府関係の重要事件などを編年体で記したもの。
江戸前期の雑史書。12巻。浅井了意著という。延宝3年(1675)刊。北条執権9代の事跡を物語ふうに記したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほうじょうくだいき【北条九代記】

北条時政から貞時に至る,鎌倉時代の北条氏9代についての物語風記録。全12巻。著者は浅井了意か。1675年(延宝3)初版刊行。《鎌倉九代記》《鎌倉北条九代記》ともいう。《吾妻鏡》《保暦(ほうりやく)間記》《太平記》などに拠り,儒教的徳目を基準として政権の推移を天命思想により説明している点に特色がある。なお,鎌倉幕府の為政者を記した《鎌倉年代記》のことをこう呼ぶこともある。【青山 幹哉】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうじょうくだいき【北条九代記】

歴史書。二巻。作者未詳。1333年頃の成立。1183年から1332年までの鎌倉幕府関係の歴史を年代記風に漢文で記す。
戦記物語。一二巻。浅井了意著という。1675年刊。北条時政から貞時に至る、執権北条氏九代の歴史を通俗的に記したもの。鎌倉北条九代記。鎌倉九代記。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北条九代記
ほうじょうくだいき

(1)鎌倉幕府の年代記。2巻。1183年(寿永2)より1332年(元弘2)まで、天皇、摂政関白(せっしょうかんぱく)、将軍、執権、六波羅探題(ろくはらたんだい)、政所(まんどころ)執事、問注所(もんちゅうじょ)執事の人名およびその履歴と重要事件を編年体で記す。原本は京都大学所蔵の『鎌倉年代記』(1331年ころ成立しのちに増補)であると思われるが、体裁はかなり異なる。『続群書類従』(雑部)、『改訂史籍集覧』(第5冊)所収。
(2)北条時政(ときまさ)より貞時(さだとき)に至る北条氏家督(得宗(とくそう))9代の間の事件を物語風に記した史書。1675年(延宝3)刊行。12巻。浅井了意(あさいりょうい)の作といわれる。『校註(こうちゅう)国文叢書(そうしょ)』所収。[近藤成一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

北条九代記の関連キーワード苅萱桑門筑紫𨏍覚山志道北条時政戦記物語婆娑羅歴史書博労漢文

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android