尾崎琴洞(読み)おざき きんどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎琴洞 おざき-きんどう

1837-1905 幕末-明治時代の公共事業家。
天保(てんぽう)8年1月20日生まれ。越前(えちぜん)(福井県)大野藩町人元治(げんじ)元年水戸天狗党の事件で被害をうけた藩内中島村などの村民私財を投じて救済。維新後,開拓をすすめて明治村をひらくなど,地域の発展につくした。県会議員。明治38年12月21日死去。69歳。本姓布川。名は広。通称は弥右衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android