コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎琴洞 おざき きんどう

1件 の用語解説(尾崎琴洞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎琴洞 おざき-きんどう

1837-1905 幕末-明治時代の公共事業家。
天保(てんぽう)8年1月20日生まれ。越前(えちぜん)(福井県)大野藩の町人。元治(げんじ)元年水戸天狗党の事件で被害をうけた藩内中島村などの村民を私財を投じて救済。維新後,開拓をすすめて明治村をひらくなど,地域の発展につくした。県会議員。明治38年12月21日死去。69歳。本姓は布川。名は広。通称は弥右衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

尾崎琴洞の関連キーワード園基祥竹屋光昭槐安青木遊雅木村瀬平田中金兵衛(2代)福田源兵衛伏島近蔵三井高朗若槻武樹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone