コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾形周平(初代) おがた しゅうへい

1件 の用語解説(尾形周平(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾形周平(初代) おがた-しゅうへい

1788-1839 江戸時代後期の陶工。
天明8年5月28日生まれ。初代高橋道八の3男。家業をついだ次兄の2代高橋(仁阿弥(にんあみ))道八をたすけた。摂津の桜井焼,播磨(はりま)の東山焼,淡路(あわじ)の賀集珉平(かしゅう-みんぺい)がはじめた淡路焼(珉平焼)など,地方の窯の発展につくした。尾形姓を名のったのは尾形乾山(けんざん)に私淑したためといわれる。天保(てんぽう)10年3月15日死去。52歳。京都出身。幼名は熊吉(熊蔵)。名は光義(光吉)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尾形周平(初代)の関連キーワードタンジマートサリエリ朋誠堂喜三二市川団蔵(5代)上杉斉定桜川慈悲成春木南湖新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone