コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾高次郎 おだか じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾高次郎 おだか-じろう

1866-1920 明治-大正時代の銀行家,実業家。
慶応2年2月17日生まれ。尾高惇忠の次男。渋沢栄一娘婿明治24年第一銀行にはいり名古屋,釜山,仁川などの支店長をへて監査役。大正3年南洋殖産を創設して社長。東洋生命社長,武州銀行頭取などもつとめた。大正9年2月4日死去。55歳。武蔵(むさし)榛沢郡(埼玉県)出身。高等商業(現一橋大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

尾高次郎

没年:大正9.2.4(1920)
生年:慶応2.2.17(1866.4.2)
明治大正期の銀行家。武蔵国榛沢郡(埼玉県深谷市)生まれ。尾高惇忠の次男。渋沢栄一の甥にして女婿。号は刀江。東京高商(一橋大)卒業後第一国立銀行(のち第一銀行)に入行,釜山,仁川各支店の支配人を経て監査役に就任。明治37(1904)年韓国興業の専務取締役,42年経営難に陥った東洋生命保険の社長,大正7(1918)年には武州銀行(のち埼玉銀行)を創立して頭取となる。終始,渋沢の下で銀行家として活躍する。特に日韓併合(1910)前後の韓国における活動が注目される。<著作>尾高豊作編『刀江遺稿』

(木村昌人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

尾高次郎の関連キーワード尾高 尚忠尾高豊作大正時代実業家

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android