コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局地気候 きょくちきこうlocal climate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

局地気候
きょくちきこう
local climate

ごく狭い地域を対象とする気候。一般に小気候と中気候の間で数km2の範囲といわれるが,日本では小気候をさすことが多く,外国では中気候または小・中気候をさすことが多い。都市と郊外の気候の差を対象とする都市気候,さらに盆地の気候,山麓斜面の気候,森林気候などがこれに相当する。局地気候に大きな影響を与えるのは地形,斜面の向き,地上被覆の状態などで,気温をはじめ,風,雨,日射などかなり複雑な分布を示す。たとえば都市気候では都市の内部が近郊よりも高温となる,いわゆるヒート・アイランドと呼ばれる現象がみられ,また大気汚染の影響が顕著となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょくち‐きこう【局地気候】

数十平方キロメートル以下程度の狭い地域内に特徴的に現れる気候。盆地の気候など。小気候。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょくちきこう【局地気候】

比較的狭い範囲に特徴的に現れる気候。小気候より広く、中気候より狭い範囲と考えられているが、明確な境界があるわけではない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

局地気候の関連キーワード植物季節気候学境界

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android