コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林気候 しんりんきこうforest climate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森林気候
しんりんきこう
forest climate

森林内部にみられる特有の気候で,局地気候の一種。密集した樹冠がちょうど地表面のような働きをしたり,地表風や雨が森林によって影響を受けたりするために,林内と林外とではかなり異なった様相を示す。日射は森林内では大部分が樹冠によって吸収されるために弱く,日中の気温は林外よりも低温となる。しかし夜間は,地面からの放射が樹冠によって妨げられるため,林外ほど低温にはならない。したがって林内では,気温の日変化は林外よりも小さく,日平均気温も林外より若干低い。また林内の地面近くの風は,森林によって妨げられて弱い。雨も樹冠によって阻止されるため,林外よりも少ない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんりんきこう【森林気候】

森林の内部にみられる固有の気候。林外と比べて,林内では風速が弱く,湿度が高く,光が弱く,気温は日平均気温や日最低気温がやや高く,日最高気温がやや低いのが特徴である。森林は樹木の影響で,内外の空気の流通が妨げられ,また樹冠が大気中で一種の境界層の役割をするため,その上と下とで風速などの気候要素に大きな差を生じることがある。たとえば風速が樹冠の上では5m/s近いとき,林内では1m/s程度という例もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんりんきこう【森林気候】

森林によって生ずる局地的な気候。森林内部は外界と比べて、風が弱い、平均気温が高い、日変化が小さい、湿度が高い、太陽光が弱い、などの特徴がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森林気候
しんりんきこう

森林のもつ他の地表面状態と異なった独自の気候の状態。森林の樹冠が林内への太陽エネルギーの透過を妨げ、また木々は風の障害となり林外にまで防風効果をもつ。さらに、雪や雨を捕捉(ほそく)し、また塵(ちり)をも除く作用もある。一般に森林内は裸地や草地に比較すると、穏やかで湿潤な気候が形成される。この効果を利用することにより、生活環境を改善している例は多くある。[吉村 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

森林気候の関連キーワード乾燥限界太陽光吉村草原外界

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android