コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中気候 チュウキコウ

4件 の用語解説(中気候の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐きこう【中気候】

大気候小気候の中間の規模の気候。水平方向の広がりが10~200キロの範囲で、大都市・盆地などの気候。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中気候【ちゅうきこう】

都市気候,盆地の気候,関東平野の風などのような中程度の広がりをもつ気候。大気候,小気候,微気候に対して用いる。水平の広がりは10〜200km,垂直の広がりは1〜6000m程度。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうきこう【中気候 mesoclimate】

大気候と小気候の中間の規模の気候。水平方向の広がりが200~10kmの範囲の地域の中での気候差を問題にする。関東平野の内部の気候差を論じる場合がこの例である。中気候の現象の例としては,大都市や中都市の都市気候,盆地の気候などがあげられる。中気候の現象の鉛直方向の広がりは下部対流圏の中に限られる。中気候を調べるには,気象台測候所のほかにAMeDASアメダス)(地域気象)観測網や,かつての区内観測所などのより細かい観測網の気候資料が必要になる場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中気候の関連キーワード海岸気候乾燥気候気候学局地気候微気候気候因子小気候大気候気候型気候図

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中気候の関連情報