コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小気候 ショウキコウ

5件 の用語解説(小気候の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐きこう〔セウ‐〕【小気候】

広がりが10キロ程度以下の狭い地域内にみられる気候。地形・高度・土地利用の状態などに左右される。→大気候中気候

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小気候【しょうきこう】

一つの谷,斜面,耕地などのような狭い範囲に現れる気候。大気候,中気候,微気候の対。その広がりは10〜104m,垂直には10(-/)1〜103mくらい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうきこう【小気候 Kleinklima[ドイツ]】

もともと狭い小地域の気候を指すが,今日では中気候の概念が定着したため,水平的な広がりが10km程度以下の狭い地域内の気候の差異をいう。高度,斜面の向き,地表の起伏や地上被覆(土地利用)など細かい土地条件の違いによって生じる。小都市の都市気候山腹温暖帯(山腹の途中が山麓よりも高温になる現象)などはその例である。小気候の現象は鉛直方向の広がりも小さく,地上1000m以下の大気境界層の内部に限られる。ときによると中気候と小気候の中間の規模の気候を局地気候ということがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうきこう【小気候】

水平的には数十キロメートル、垂直的には約1キロメートルの範囲内の地域にみられる気候。ヒート-アイランド・海陸風・山谷風やまたにかぜなどの現象。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小気候
しょうきこう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小気候の関連キーワード局地気候気候因子気候区高山気候大気候中気候ソーンスウェイトの気候区分気候示数人工気候

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小気候の関連情報