コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小気候 ショウキコウ

5件 の用語解説(小気候の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐きこう〔セウ‐〕【小気候】

広がりが10キロ程度以下の狭い地域内にみられる気候。地形・高度・土地利用の状態などに左右される。→大気候中気候

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

小気候【しょうきこう】

一つの谷,斜面,耕地などのような狭い範囲に現れる気候。大気候,中気候,微気候の対。その広がりは10〜104m,垂直には10(-/)1〜103mくらい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうきこう【小気候 Kleinklima[ドイツ]】

もともと狭い小地域の気候を指すが,今日では中気候の概念が定着したため,水平的な広がりが10km程度以下の狭い地域内の気候の差異をいう。高度,斜面の向き,地表の起伏や地上被覆(土地利用)など細かい土地条件の違いによって生じる。小都市の都市気候山腹温暖帯(山腹の途中が山麓よりも高温になる現象)などはその例である。小気候の現象は鉛直方向の広がりも小さく,地上1000m以下の大気境界層の内部に限られる。ときによると中気候と小気候の中間の規模の気候を局地気候ということがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうきこう【小気候】

水平的には数十キロメートル、垂直的には約1キロメートルの範囲内の地域にみられる気候。ヒート-アイランド・海陸風・山谷風やまたにかぜなどの現象。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小気候
しょうきこう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小気候の関連情報