コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋代 やしろ

4件 の用語解説(屋代の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屋代
やしろ

長野県北部,長野盆地南部にある千曲市更埴の市街地の一部。旧町名。 1959年埴生 (はにゅう) 町,稲荷山町,八幡村と合体して更埴市となった。近世は北国街道の宿場町で,明治期の郡制時代には郡役所がおかれ,埴科 (はにしな) 郡の行政上の中心をなし,現在も地方行政機関がおかれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やしろ【屋代】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕屋代(やしろ)


長野県千曲市の中心地区。長野盆地(善光寺平(ぜんこうじだいら))南端に位置。江戸時代、北国街道の宿場町として発展。JR信越本線から長野電鉄河東(かとう)線が分岐。駅寄りの市街地に県の出先機関などが点在する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屋代
やしろ

長野県北部、千曲(ちくま)市の一地区。合併による千曲市成立(2003)以前は更埴(こうしょく)市の中心地区であった。旧屋代町。『和名抄(わみょうしょう)』の屋代郷の地で、近世は北国(ほっこく)街道の矢代(やしろ)宿として栄え、明治になって郡役所が置かれた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屋代の関連キーワード長野県千曲市雨宮長野県千曲市倉科更埴〈市〉長野県千曲市須坂長野県千曲市戸倉長野県千曲市中長野県千曲市羽尾長野県千曲市森長野県千曲市屋代長野県千曲市八幡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

屋代の関連情報