コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋代 やしろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屋代
やしろ

長野県北部,長野盆地南部にある千曲市更埴市街地の一部。旧町名。 1959年埴生 (はにゅう) 町,稲荷山町,八幡村と合体して更埴市となった。近世北国街道宿場町で,明治期の郡制時代には郡役所がおかれ,埴科 (はにしな) 郡の行政上の中心をなし,現在も地方行政機関がおかれている。埴生地区にある,しなの鉄道屋代駅の駅前集落と商店街は連続している。古墳時代前期後半の前方後円墳森将軍塚古墳 (史跡) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

やしろ【屋代】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕屋代(やしろ)


長野県千曲市の中心地区。長野盆地(善光寺平(ぜんこうじだいら))南端に位置。江戸時代、北国街道の宿場町として発展。JR信越本線から長野電鉄河東(かとう)線が分岐。駅寄りの市街地に県の出先機関などが点在する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屋代
やしろ

長野県北部、千曲(ちくま)市の一地区。合併による千曲市成立(2003)以前は更埴(こうしょく)市の中心地区であった。旧屋代町。『和名抄(わみょうしょう)』の屋代郷の地で、近世は北国(ほっこく)街道の矢代(やしろ)宿として栄え、明治になって郡役所が置かれた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

屋代の関連キーワード長野電鉄屋代線の廃止問題大島(山口県の旧町名)寛政重修諸家譜長野電鉄屋代線狩谷【えき】斎小野沢平左衛門根本五左衛門秋山角左衛門風俗問状答八城 一夫新村 忠雄大島[町]古今要覧稿加賀山蕭山更埴[市]荒川長兵衛屋崎隼人片岡寛光屋代忠正屋代弘賢

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屋代の関連情報