コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋代 やしろ

4件 の用語解説(屋代の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屋代
やしろ

長野県北部,長野盆地南部にある千曲市更埴の市街地の一部。旧町名。 1959年埴生 (はにゅう) 町,稲荷山町,八幡村と合体して更埴市となった。近世は北国街道の宿場町で,明治期の郡制時代には郡役所がおかれ,埴科 (はにしな) 郡の行政上の中心をなし,現在も地方行政機関がおかれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕屋代(やしろ)


長野県千曲市の中心地区。長野盆地(善光寺平(ぜんこうじだいら))南端に位置。江戸時代、北国街道の宿場町として発展。JR信越本線から長野電鉄河東(かとう)線が分岐。駅寄りの市街地に県の出先機関などが点在する。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屋代
やしろ

長野県北部、千曲(ちくま)市の一地区。合併による千曲市成立(2003)以前は更埴(こうしょく)市の中心地区であった。旧屋代町。『和名抄(わみょうしょう)』の屋代郷の地で、近世は北国(ほっこく)街道の矢代(やしろ)宿として栄え、明治になって郡役所が置かれた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

屋代の関連情報