森将軍塚古墳(読み)もりしょうぐんづかこふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森将軍塚古墳
もりしょうぐんづかこふん

長野県千曲市更埴森の大穴山頂にある,全長 100mの前方後円墳墳丘には古式の円筒埴輪列をめぐらし,後円部頂の石積みの二段墓壙中央には,長さ 7.65m,幅 2m,高さ 2mほどの巨大な竪穴式石室があった。すでに盗掘を受けてはいたが,礫床から舶載三角縁神獣鏡片,硬玉製勾玉,碧玉製管玉,鉄製の刀,剣,鎌,鏃などが発見された。長野県下最大規模の古墳で,4世紀代の築造と考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の森将軍塚古墳の言及

【将軍塚古墳】より

…1972,73年度の九州縦貫自動車道建設に伴う発掘調査の際に,径約26mある墳丘の跡を再確認している。
[森将軍塚古墳]
 長野県更埴市森大穴山にある4世紀後半の前方後円墳。千曲川の右岸に連なる有明山の北端にのびた尾根の上部に位置し,南西面する墳丘の全長98m,後円部径45m,前方部幅30m,顕著な葺石および円筒埴輪を残す。…

※「森将軍塚古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android