コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山一證券 やまいちしょうけん

2件 の用語解説(山一證券の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山一證券
やまいちしょうけん

かつての四大証券会社の一つ。1897年設立の小池国三商店を母体とする。1917年設立の山一合資会社を前身とする山一証券と小池証券が合併し,1943年に設立。第2次世界大戦後は証券ブームに乗って業務を拡大し成長を遂げたが,1963~65年の不況によって著しく経営不安となって破綻を招いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国為替用語集の解説

山一證券

1999年6月1日に自己破産した大手証券会社。負債は約5100億円。負債のうち約4890億円が日銀特融バブル崩壊後の株式市況の低迷に加え、過去の「飛ばし」で発生した多額の簿外債務2648億円を処理しきれず、1997年11月に自主廃業を決定したが株主総会で解散決議が出来ず、破産手続の申立をせざるを得ない状況に陥った。明治30年創業、昭和30年代には国内最大の証券会社に成長したが、昭和40年の証券不況で経営が悪化、日銀特融で切り抜けた。その後再建し、野村・大和・日興と共に4大証券会社と称された。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山一證券の関連キーワード自己破産小破産手証準自己破産第三者破産自己破壊コムシティニッセイ電機自己破産と免責セレコム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山一證券の関連情報