山一證券(読み)やまいちしょうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山一證券
やまいちしょうけん

かつての四大証券会社の一つ。1897年設立の小池国三商店を母体とする。1917年設立の山一合資会社を前身とする山一証券と小池証券が合併し,1943年に設立。第2次世界大戦後は証券ブームに乗って業務を拡大し成長を遂げたが,1963~65年の不況によって著しく経営不安となって破綻を招いた。1965年に日本銀行特別融資を受けて再建に乗り出し,1969年に特別融資を完済した。その後,順調に業務を拡大してきたが,1997年飛ばし取り引きなどの結果,簿外債務が 2648億円を上回ることが明らかとなり,自主廃業の申請を行なって 1998年に廃業した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

外国為替用語集の解説

山一證券

1999年6月1日に自己破産した大手証券会社。負債は約5100億円。負債のうち約4890億円が日銀特融。バブル崩壊後の株式市況の低迷に加え、過去の「飛ばし」で発生した多額の簿外債務2648億円を処理しきれず、1997年11月に自主廃業を決定したが株主総会で解散決議が出来ず、破産手続の申立をせざるを得ない状況に陥った。明治30年創業、昭和30年代には国内最大の証券会社に成長したが、昭和40年の証券不況で経営が悪化、日銀特融で切り抜けた。その後再建し、野村・大和・日興と共に4大証券会社と称された。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山一證券の関連情報