山下実(読み)ヤマシタミノル

  • 山下実 やました-みのる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1907-1995 大正-昭和時代の野球選手。
明治40年3月20日生まれ。第一神港商で甲子園に春夏5回連続出場。大正13年完成した甲子園球場で大本塁打を放つ。慶大で宮武三郎中軸をくみ,黄金時代をきずく。強打で「ベーブ山下」とよばれた。昭和11年阪急の創立にくわわり,のち監督兼一塁手。戦後は高校野球を指導。62年野球殿堂入り。平成7年4月4日死去。88歳。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山下実の関連情報