コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下実 ヤマシタミノル

2件 の用語解説(山下実の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やました‐みのる【山下実】

[1907~1995]プロ野球選手・監督。兵庫の生まれ。高校野球で活躍後、慶大でも強打者として同校の黄金時代を築いた。昭和11年(1936)阪急(オリックスの前身)に入団し、のち監督兼任。戦後は審判員を務めるほか、高校野球を指導。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下実 やました-みのる

1907-1995 大正-昭和時代の野球選手。
明治40年3月20日生まれ。第一神港商で甲子園に春夏5回連続出場。大正13年完成した甲子園球場で第1号本塁打。慶大で宮武三郎と中軸をくみ,黄金時代をきずく。強打で「ベーブ山下」とよばれた。昭和11年阪急の創立にくわわり,のち監督兼一塁手。戦後は高校野球を指導。62年野球殿堂入り。平成7年4月4日死去。88歳。兵庫県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山下実の関連キーワード黒人問題複成片麻岩内褶曲新派劇新聞小説天理教名古屋(市)バードビューRナビゲーションシステム佐賀(県)香港映画オスメーニャ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山下実の関連情報