山内豊隆(読み)やまうち とよたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内豊隆 やまうち-とよたか

1673-1720 江戸時代中期の大名。
延宝元年11月16日生まれ。武蔵(むさし)指扇(さしおうぎ)家(新橋山内氏)から本家養子にはいり,兄山内豊房の跡をつぎ,宝永3年土佐高知藩主山内家6代となる。借知制,御蔵紙制の導入など宝永の改革をすすめたが,谷秦山(じんざん),山内規重(のりしげ)の罷免などで悪評をかった。享保(きょうほう)5年4月14日死去。48歳。初名は豊長(とよなが)。通称は右京,松之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android