コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内豊隆 やまうち とよたか

1件 の用語解説(山内豊隆の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内豊隆 やまうち-とよたか

1673-1720 江戸時代中期の大名。
延宝元年11月16日生まれ。武蔵(むさし)指扇(さしおうぎ)家(新橋山内氏)から本家の養子にはいり,兄山内豊房の跡をつぎ,宝永3年土佐高知藩主山内家6代となる。借知制,御蔵紙制の導入など宝永の改革をすすめたが,谷秦山(じんざん),山内規重(のりしげ)の罷免などで悪評をかった。享保(きょうほう)5年4月14日死去。48歳。初名は豊長(とよなが)。通称は右京,松之助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山内豊隆の関連キーワードバロック音楽ヴィルマンカロン道具屋節野呂松遣い延宝三藩の乱生白庵行風徴用された朝鮮人らの遺骨問題江戸木遣り唄

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone