コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口喜一郎 やまぐち きいちろう

2件 の用語解説(山口喜一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口喜一郎 やまぐち-きいちろう

1872-1952 明治-昭和時代の日本語教育家。
明治5年4月17日生まれ。30年から台湾,朝鮮,満州(中国東北部)などで日本語をおしえる。日本語のみを使用する直接法で指導し,その理論を確立した。戦後は話し言葉教育の開拓につとめた。昭和27年2月29日死去。79歳。石川県出身。石川師範卒。著作に「日本語教授法原論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山口喜一郎
やまぐちきいちろう
(1872―1952)

日本語教育者。明治5年4月17日、石川県鳳至(ふげし)郡輪島村(現、輪島市)に生まれる。1887年(明治20)石川県尋常師範学校卒業後、同県や東京で国語教育ののち、外地での日本語教育に一貫して従事した。1897年からは台湾、1911年(明治44)からは朝鮮、1925年(大正14)からは旅順、奉天、1938年(昭和13)からは北京(ペキン)(新民学院教授)、1944年からは大連と、日本語教育に携わり、とくに日本語だけによる直接法の指導理論と実践の確立に努めた。第二次世界大戦後は、話しことばの教育の開拓に力を注いだ。昭和27年2月29日死去。著書に『日本語教授法原論』(1943)、『話言葉とその教育』(1951)などがある。[古田東朔]
『『追悼記』(全国大学国語教育学会編『国語科教育 第一集』所収・1952・教育評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山口喜一郎の関連キーワード荒木十畝小寺雲洞森村宜稲上田万秋吉田白嶺吉村忠夫荒木月畝岸浪百艸居松本高三郎渡辺義郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone