コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口喜一郎 やまぐち きいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口喜一郎 やまぐち-きいちろう

1872-1952 明治-昭和時代の日本語教育家。
明治5年4月17日生まれ。30年から台湾,朝鮮,満州(中国東北部)などで日本語をおしえる。日本語のみを使用する直接法で指導し,その理論を確立した。戦後は話し言葉教育の開拓につとめた。昭和27年2月29日死去。79歳。石川県出身。石川師範卒。著作に「日本語教授法原論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山口喜一郎
やまぐちきいちろう
(1872―1952)

日本語教育者。明治5年4月17日、石川県鳳至(ふげし)郡輪島村(現、輪島市)に生まれる。1887年(明治20)石川県尋常師範学校卒業後、同県や東京で国語教育ののち、外地での日本語教育に一貫して従事した。1897年からは台湾、1911年(明治44)からは朝鮮、1925年(大正14)からは旅順、奉天、1938年(昭和13)からは北京(ペキン)(新民学院教授)、1944年からは大連と、日本語教育に携わり、とくに日本語だけによる直接法の指導理論と実践の確立に努めた。第二次世界大戦後は、話しことばの教育の開拓に力を注いだ。昭和27年2月29日死去。著書に『日本語教授法原論』(1943)、『話言葉とその教育』(1951)などがある。[古田東朔]
『『追悼記』(全国大学国語教育学会編『国語科教育 第一集』所収・1952・教育評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

山口喜一郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android