山口茂吉(読み)やまぐち もきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口茂吉 やまぐち-もきち

1902-1958 昭和時代の歌人。
明治35年4月11日生まれ。アララギにはいり,斎藤茂吉の助手をつとめて「アララギの小茂吉」とよばれた。戦後「アザミ」を創刊・主宰し,「斎藤茂吉全集」の編集につくした。昭和33年4月29日死去。56歳。兵庫県出身。中央大卒。歌集に「杉原」「鉄線花」など。
【格言など】金線草(みづひきぐさ)車前草(おほばこ)鴨跖草(つきくさ)蓼(たで)の花みな一ときに咲きて目だたず(「赤土」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android