コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山古志 やまこし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山古志
やまこし

新潟県中部,長岡市南東部の旧村域。 1956年種苧原村,太田村,竹沢村,東竹沢村の4村が合体して山古志村が発足。 2005年長岡市に編入江戸時代に始まったニシキゴイの養殖が主産業。山菜や川魚などを用いた食品加工が行なわれる。一部に地すべり地帯がある。国の重要無形民俗文化財牛の角突きの習俗」を伝える。一部は長岡東山山本山県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山古志
やまこし

新潟県中央部、古志郡にあった旧村名(山古志村(むら))。現在は長岡(ながおか)市の南東部を占める地域。1956年(昭和31)通称山古志「二十村郷」とよばれた種苧原(たなすはら)、太田、竹沢、東竹沢の4村が合併して、旧郷名をとって1郡1村の山古志村となった。2005年(平成17)長岡市に編入。棚田の灌漑(かんがい)用溜池(ためいけ)を利用したニシキゴイの養殖が盛んで、品種改良により名産地として全国的に知られたが、2004年の新潟県中越地震で大打撃を受けた。牛の角突きの習俗は、国指定の重要無形民俗文化財。[山崎久雄]
『『山古志村史』全4巻(1981~1984・山古志村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

山古志の関連キーワード小千谷(市)(おぢや)中越地震後の集団移転山古志のアルパカ新潟県中越地震山古志[村]新潟県長岡市長岡(市)広神[村]魚沼丘陵神楽南蛮習俗マリ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山古志の関連情報