山古志(読み)やまこし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山古志
やまこし

新潟県中部,長岡市南東部の旧村域。 1956年種苧原村,太田村,竹沢村,東竹沢村の4村が合体して山古志村が発足。 2005年長岡市に編入江戸時代に始まったニシキゴイの養殖が主産業。山菜や川魚などを用いた食品加工が行なわれる。一部に地すべり地帯がある。国の重要無形民俗文化財牛の角突きの習俗」を伝える。一部は長岡東山山本山県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山古志
やまこし

新潟県中央部、古志郡にあった旧村名(山古志村(むら))。現在は長岡(ながおか)市の南東部を占める地域。1956年(昭和31)通称山古志「二十村郷」とよばれた種苧原(たなすはら)、太田、竹沢、東竹沢の4村が合併して、旧郷名をとって1郡1村の山古志村となった。2005年(平成17)長岡市に編入。棚田の灌漑(かんがい)用溜池(ためいけ)を利用したニシキゴイの養殖が盛んで、品種改良により名産地として全国的に知られたが、2004年の新潟県中越地震で大打撃を受けた。牛の角突きの習俗は、国指定の重要無形民俗文化財。[山崎久雄]
『『山古志村史』全4巻(1981~1984・山古志村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山古志の関連情報