山吹草(読み)ヤマブキソウ

デジタル大辞泉の解説

やまぶき‐そう〔‐サウ〕【山吹草】

ケシ科の多年草山野の樹下に生え、高さ約30センチ。茎などに黄色い汁を含む。葉は卵形の小葉からなる羽状複葉。4、5月ごろ、黄色い4弁花を開く。くさやまぶき。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまぶきそう【山吹草】

ケシ科の柔らかい多年草。山野の林縁に生える。根生葉は羽状複葉。春、高さ約40センチメートルの花茎が出て、上方に少数の葉をつけ、葉腋に黄色四弁のヤマブキに似た花を開く。草山吹。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山吹草 (ヤマブキソウ)

学名:Chelidonium japonicum
植物。ケシ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やまぶき‐そう ‥サウ【山吹草】

〘名〙 ケシ科の多年草。本州・四国・九州の林下に生える。高さ三〇センチメートルぐらい。茎・葉に黄色い汁を含む。根生葉は長柄をもち羽状複葉、五~七個の小葉からなる。小葉は、菱状卵形で縁に不規則な鋸歯(きょし)がある。春、ヤマブキに似た鮮黄色の四弁花を開く。果実は長柄のある細い円柱形の蒴果で長さ三センチメートルぐらい。くさやまぶき。《季・春》 〔花壇地錦抄(1695)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android