コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山室機恵子 やまむろ きえこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山室機恵子 やまむろ-きえこ

1874-1916 明治-大正時代の社会事業家。
明治7年12月5日生まれ。山室民子の母。明治24年植村正久から受洗。「女学雑誌」の編集を手伝い,日本基督教(キリストきょう)婦人矯風会書記などをへて救世軍にはいる。32年山室軍平と結婚。廃娼(はいしょう)運動,救世軍結核療養所の建設につくした。大正5年7月12日死去。43歳。岩手県出身。明治女学校卒。旧姓は佐藤。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山室機恵子

没年:大正5.7.12(1916)
生年:明治7.12.5(1874)
明治期の社会事業家。岩手県花巻に旧藩士の娘として生まれる。旧姓佐藤。18歳のとき上京して明治女学校に入学。在学中に植村正久から受洗。明治28(1895)年明治女学校卒業後は教師をする傍ら『女学雑誌』の編集を手伝う。このころ来日した救世軍士官に礼儀作法を教えたのがきっかけで山室軍平と知り合い,同32年結婚。翌33年から救世軍による廃娼運動のなか,更生施設「東京婦人ホーム」の主任として婦人救済の先頭に立った。その後,東北大凶作では保護された女子の救済を行う。結核診療所設置を企図したが募金活動中に倒れた。山室民子,山室武甫らの母。<参考文献>五味百合子『社会事業に生きた女性たち』

(篠崎恭久)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

山室機恵子の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android