山崎八峰(読み)やまざき やつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎八峰 やまざき-やつお

1821*-1894 幕末-明治時代の神職。
文政3年12月5日生まれ。山崎一郎・豊の父。家は代々遠江(とおとうみ)(静岡県)掛川の雨桜神社神主。石川依平(よりひら)にまなんで尊攘(そんじょう)をとなえ,慶応4年大久保春野らと遠州報国隊の結成にくわわった。明治27年12月10日死去。75歳。名は久陰。通称は石見。

山崎八峰 やまざき-はちほう

やまざき-やつお

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android