山崎一郎(読み)やまざき いちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎一郎 やまざき-いちろう

1846-1876 幕末-明治時代の神職。
弘化(こうか)3年11月12日生まれ。山崎八峰(やつお)の長男。戊辰(ぼしん)戦争の際,父と弟の豊とともに遠州報国隊にはいり新政府軍にしたがう。維新後は招魂社(靖国神社)社司。のち兵部省,海軍省などにつとめた。明治9年10月31日死去。31歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。名は久継。通称は別に富丸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山崎一郎の関連情報