コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本陶秀 やまもと とうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本陶秀 やまもと-とうしゅう

1906-1994 昭和-平成時代の陶芸家。
明治39年4月24日生まれ。生地の岡山県伊部(備前市)の窯元で修業し,楠部弥弌(くすべ-やいち)に師事。昭和30年日本伝統工芸展に初入選。33年ブリュッセル万博でグランプリ,52年毎日芸術賞などを受賞した。備前焼の茶陶で知られ,62年人間国宝。平成6年4月22日死去。87歳。本名は政雄。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山本陶秀
やまもととうしゅう
(1906―1994)

陶芸家。岡山県生まれ。本名、山本政雄。15歳で陶芸の道に入り、京都の楠部弥弌(くすべやいち)に師事。1933年(昭和8)備前(びぜん)に窯を築いて独立。1955年花入れが日本伝統工芸展に初入選。1956年岡山県重要無形文化財に認定、1987年国指定重要無形文化財(人間国宝)に認定された。端正な形、ろくろの技術は比類ない完成度をみせ、茶器を得意とし「茶陶の陶秀」とよばれた。1959年ブリュッセル万博グランプリ金賞、1972年岡山県文化賞受賞。1976年紫綬褒章(しじゅほうしょう)受章。1977年毎日芸術賞受賞。1981年紺綬褒章、1982年勲四等瑞宝章を受章。1994年(平成6)4月22日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

山本陶秀の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山本陶秀の関連情報