コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本陶秀 やまもと とうしゅう

3件 の用語解説(山本陶秀の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山本陶秀

陶芸家。備前焼。岡山県生。楠部彌弌に師事する。県重要無形文化財人間国宝。平成6年(1994)歿、87才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本陶秀 やまもと-とうしゅう

1906-1994 昭和-平成時代の陶芸家。
明治39年4月24日生まれ。生地の岡山県伊部(備前市)の窯元で修業し,楠部弥弌(くすべ-やいち)に師事。昭和30年日本伝統工芸展に初入選。33年ブリュッセル万博でグランプリ,52年毎日芸術賞などを受賞した。備前焼の茶陶で知られ,62年人間国宝。平成6年4月22日死去。87歳。本名は政雄。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山本陶秀
やまもととうしゅう
(1906―1994)

陶芸家。岡山県生まれ。本名、山本政雄。15歳で陶芸の道に入り、京都の楠部弥弌(くすべやいち)に師事。1933年(昭和8)備前(びぜん)に窯を築いて独立。1955年花入れが日本伝統工芸展に初入選。1956年岡山県重要無形文化財に認定、1987年国指定重要無形文化財(人間国宝)に認定された。端正な形、ろくろの技術は比類ない完成度をみせ、茶器を得意とし「茶陶の陶秀」とよばれた。1959年ブリュッセル万博グランプリ金賞、1972年岡山県文化賞受賞。1976年紫綬褒章(しじゅほうしょう)受章。1977年毎日芸術賞受賞。1981年紺綬褒章、1982年勲四等瑞宝章を受章。1994年(平成6)4月22日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山本陶秀の関連キーワード加藤卓男鈴木治塚本快示乾由明大塩正義長倉三朗三輪休雪(12代)横石臥牛(13代)秋山陽

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山本陶秀の関連情報