コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山根正次 やまね まさつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山根正次 やまね-まさつぐ

1858*-1925 明治-大正時代の医師,政治家。
安政4年12月生まれ。長崎医学校在職中にコレラ防疫につとめる。イギリスなどに留学して衛生行政,法医学をまなび,警察医長,警視庁検疫委員長などを歴任。警察医務の基礎をきずいた。明治35年衆議院議員(当選6回)。大正14年8月29日死去。69歳。長門(ながと)(山口県)出身。東京大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山根正次
やまねまさつぐ
(1857―1925)

医学者、政治家。山口県生まれ。1882年(明治15)東京大学医科大学を卒業。長崎医学校一等教諭に任ぜられ、病理学・内科学・内科臨床講義、婦人病学を担当する一方、当時、長崎地方に流行したコレラの予防に尽力した。その後、法医学の研究に転じ、司法省から海外留学を命ぜられ、1891年帰国するまで、ヨーロッパ各国の衛生行政制度と法医学を研究した。帰国後、警察医長、のち同医務局長、警視庁検疫委員長などを歴任し、日本の警察医務を基礎づけた。1902年(明治35)以来、衆議院議員に6回当選。私立日本医学専門学校長も務めた。[大鳥蘭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山根正次の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android