コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山焼(き) ヤマヤキ

デジタル大辞泉の解説

やま‐やき【山焼(き)】

春の初めに、野山の枯れ木・枯れ草を焼くこと。害虫を殺し、灰が肥料になって、新しい草の生長を助ける。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

山焼(き)の関連キーワード長岡 住右衛門(5代目)和歌山県海草郡紀美野町長岡住右衛門(5代)長岡住右衛門(4代)長岡住右衛門(3代)長岡住右衛門(2代)長岡住右衛門(初代)青森県五所川原市金山尾関作十郎(初代)尾関作十郎(2代)静岡県周智郡森町橘篠山市立歴史美術館山形県新庄市金沢静岡県周智郡森町甚左衛門(2)森本助左衛門宝珠山〈村〉アカンダナ山越中屋兵吉横田彦兵衛

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android