コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山焼(き) ヤマヤキ

デジタル大辞泉の解説

やま‐やき【山焼(き)】

春の初めに、野山の枯れ木・枯れ草を焼くこと。害虫を殺し、灰が肥料になって、新しい草の生長を助ける。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

山焼(き)の関連キーワード長岡 住右衛門(5代目)和歌山県海草郡紀美野町長岡住右衛門(5代)長岡住右衛門(4代)長岡住右衛門(2代)長岡住右衛門(初代)青森県五所川原市金山長岡住右衛門(3代)尾関作十郎(2代)静岡県周智郡森町橘尾関作十郎(初代)篠山市立歴史美術館山形県新庄市金沢甚左衛門(2)大山焼久古窯アカンダナ山宝珠山〈村〉森本助左衛門津軽金山焼横田彦兵衛

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android