コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田恵諦 やまだ えたい

美術人名辞典の解説

山田恵諦

天台宗の僧。兵庫県生。10才で得度。14才で比叡山に入り、天台宗教学部長、天台宗勧学院院長などを経て延暦寺本坊滋賀院門跡となる。昭和49年に第二百五十三世天台座主に就任。日本宗教代表者会議名誉議長、全日本仏教会会長などを歴任、海外の宗教会議にも参加し、日本仏教の国際化と世界平和実現のための宗教活動に尽力した。平成6年(1994)寂、98才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田恵諦 やまだ-えたい

1895-1994 大正-平成時代の僧。
明治28年12月1日生まれ。比叡山(ひえいざん)戒光院の堀恵慶の弟子。天台宗教学部長,滋賀院門主などをつとめる。昭和49年天台座主。62年世界の宗教代表者をあつめて比叡山宗教サミットをひらいた。平成6年2月22日死去。98歳。兵庫県出身。天台宗西部大卒。著作に「法華経伝教大師」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまだえたい【山田恵諦】

1895~1994) 僧侶。兵庫県生まれ。比叡山延暦寺住職・日本仏教会会長を務める。宗教を通した世界平和の実現に力を注いだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山田恵諦の関連キーワード僧侶

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android