コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山科教成 やましな のりしげ

2件 の用語解説(山科教成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山科教成 やましな-のりしげ

1177-1239 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
治承(じしょう)元年生まれ。平業房(なりふさ)の子。藤原実教(さねのり)の養子となる。母の高階栄子(たかしなの-えいし)(丹後局(たんごのつぼね))より京都山科の地を相続し,山科氏を名のる。参議などをへて権(ごんの)中納言となった。正二位。延応元年4月13日死去。63歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山科教成

没年:延応1.4.13(1239.5.17)
生年:治承1(1177)
鎌倉前中期の公卿。平業房の子。母は高階栄子(丹後局)。童名を金毘羅丸といい,後白河法皇の下北面に仕えたが,母が法皇の寵妃となったために,法皇の命で藤原(山科)実教の養子となる。侍の子でありながら公卿の家の養子となり,のちの山科家を作った。母とその子宣陽門院後押しによって,左中将・左兵衛督から承元3(1209)年に参議になるなど順調に出世し,権中納言・正二位に上った。『明月記』建仁1(1201)年条によれば,藤原定家は若年の左中将教成の下にあり,その出世ぶりと人品に反感と憤りを記している。当時噂の人物のひとりだったようだ。

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山科教成の関連キーワード園基理万里小路雅房万里小路文房池尻定孝平業兼平業房高階経時藤原季房(1)坊門基輔山科実教

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone