コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山科盆地 やましなぼんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山科盆地
やましなぼんち

京都府京都市南東部にある断層盆地。東山連峰の東側にあり,南北 4km,東西は北部で 4km,南部では約 0.5kmで,北部は高く南部は低い。山科川が盆地のほぼ中央を南流し,醍醐を経て宇治川に合流する。1890年に盆地北縁の山麓に沿って琵琶湖疏水が建設された。古くからの交通の要衝で,東海道,奈良街道がここを通り,今日でも JR東海道本線,京阪電鉄京津線(けいしんせん),国道1号線,名神高速道路が通じ,京都東インターチェンジがある。住宅地化が進み,人口増加が著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山科盆地の関連キーワード琵琶湖疎水(琵琶湖疏水)花山天文台山科[区]音羽山山科区日野

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山科盆地の関連情報