コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琵琶湖疏水 ビワコソスイ

大辞林 第三版の解説

びわこそすい【琵琶湖疏水】

琵琶湖から京都市に通じる運河。明治時代に舟運・発電・上水道・灌漑の目的で開削。現在は蹴上浄水場への供給が主目的。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

びわこそすい【琵琶湖疏水】


京都府京都市、滋賀県大津市にある水路。琵琶湖の水を京都市へ通すために明治時代に造られた水路で、大津市三保ヶ崎の琵琶湖畔から長等(ながら)山の下を抜けて京都山科(やましな)の山をめぐり、蹴上(けあげ)から鴨川左岸にいたり、南下して深草・伏見を経て宇治川に注ぐ。京都府知事の北垣国道が、舟運の利便性を高め、工業用水や農業用水、飲料水を確保して近代化を推し進めようと考え、1885年(明治18)に工事が始まり、1890年(明治23)に大津から鴨川までの第一疏水が完成。鴨川から宇治川までの鴨川運河は、1892年(明治25)に工事が始まり、1895年(明治28)に完成した。第一疎水の第一・第二・第三隧道の出入り口、第一竪坑、第二竪坑、日本初の鉄筋コンクリート橋、インクライン、疎水分線の水路閣などが、1996年(平成8)に国の史跡に指定された。琵琶湖疎水の開削工事は、西欧の近代的土木技術を学んだ日本人技術者による大規模土木工事であり、明治中期における日本の土木技術水準の高さを示す画期的な事業だった。南禅寺にある水路閣へは、JR東海道新幹線ほか京都駅から市バス「南禅寺・永観堂道」下車、徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琵琶湖疏水
びわこそすい

滋賀県琵琶湖の南岸に開削された用水路。大津市三保崎から京都府京都市山科,蹴上(けあげ)を経て伏見にいたる。第1疏水は全長 17.7km,幅 6.4~11.5m,水深 1.7m。1885年に着工,1890年完成。第2疏水は第1疏水の北側に並行し,全水路がトンネル内を走り,全長 7.4km,幅 4m,水深 3.1mで蹴上で第1疏水と合流。1912年完成。(→田辺朔郎

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

琵琶湖疏水
びわこそすい

琵琶湖から京都市内へ通じる水路。明治期における代表的な土木工事とされる。田辺朔郎(さくろう)の設計、施工によるもので、舟運、発電、上水道、灌漑(かんがい)を目的としてつくられた。滋賀県大津市三保ヶ崎から京都市左京区蹴上(けあげ)までの第一疏水(1885年着工、1890年完成、長さ8.7キロメートル)と第二疏水(1908年着工、1912年完成、長さ7.4キロメートル)からなる。また蹴上で合流した両疏水がインクラインによって続く鴨川(かもがわ)運河(1895年完成、長さ8.9キロメートル、宇治川に合流)と蹴上から堀川に通じる疏水支線(1887年着工、1890年完成、長さ8.3キロメートル)をあわせて琵琶湖疏水とよぶこともある。現在は当初の多目的な機能が薄れ、蹴上浄水場への供給が主たる目的となっている。[高橋誠一]
『林屋辰三郎・吉田光邦他編『琵琶湖疏水図誌』(1978・東洋文化社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

琵琶湖疏水の関連キーワード滋賀県大津市藤尾奥町滋賀県大津市三井寺町並河靖之七宝記念館滋賀県大津市稲葉台大津百町の旧町名琵琶湖疏水記念館ナベブタムシ北湖と南湖京都(市)西村七三郎島田 道生水力発電所田辺 朔郎土木学会山科盆地島田道生哲学の道吉田光邦槙村正直左京区

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

琵琶湖疏水の関連情報