山紫陽花(読み)ヤマアジサイ

精選版 日本国語大辞典の解説

やま‐あじさい ‥あぢさゐ【山紫陽花】

〘名〙 ユキノシタ科の落葉低木。本州の福島県以西、四国、九州の山地に生える。高さ約一メートル。葉は柄をもち対生、長楕円形で長さ五~一〇センチメートルになり、縁に鋸歯(きょし)がある。夏、枝先に白い小さな五弁花が多数群がってつき、花序のまわりには径約二センチメートルの装飾花が咲く。装飾花は普通白色。漢名、綉球・八仙花。さわあじさい。こがく。〔改正増補多識編(1670頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android