コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山荷葉 サンカヨウ

デジタル大辞泉の解説

さんか‐よう〔‐エフ〕【山荷葉】

メギ科の多年草深山林下に生え、高さ約50センチ。葉は盾形で二つに深く裂ける。夏、白い6弁花を数個開く。実は黒紫色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんかよう【山荷葉】

メギ科の多年草。深山に自生。高さ約50センチメートル。葉は柄に盾形につき、広腎形で二深裂する。初夏、茎頂に白色六弁花を数個つけ、液果を結ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山荷葉 (サンカヨウ)

学名:Diphylleia cymosa subsp.grayi
植物。メギ科の多年草,高山植物,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

山荷葉の関連キーワード増田 手古奈茎頂初夏自生液果

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android