コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山鳴り ヤマナリ

デジタル大辞泉の解説

やま‐なり【山鳴り】

地震・噴火などの前触れとして、山が音を立てること。また、その音。
地下深部の鉱山切羽(きりは)やトンネルで、周辺の岩盤内に発する山跳ねのときに聞こえることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまなり【山鳴り mine bumps】

鉱山の坑道や採掘切羽,トンネル工事現場などが地下深部(地表からの深さ数百m以上)に達したとき,周辺の岩盤内に発生する微小で不規則な弾性振動。なんらかの形で岩盤に亀裂が発生・成長したときにおこると考えられている。岩盤内の応力が局部的に大きくなった所で発生するので,その発生度数,振動エネルギー,発生場所を観測すると,岩盤内の応力状態の異常や,山はねガス突出の危険の有無について知ることができ,坑内の適当な個所に観測点を設定して,観測を行うようになりつつある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やまなり【山鳴り】

山の地鳴り。
鉱山の切羽やトンネル工事が地下深部に達したとき、周辺の岩盤内に発する微小な振動。山跳ねの予兆になることが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山鳴りの関連キーワード横山美智子地鳴り前触れ土石流予兆地震盤圧噴火振動木霊

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android